Event is FINISHED

SEN MORIMOTO JAPANTOUR 2019 FINAL 「AFTERHOURS」

Description

2019/1026 NEWS:
Kaina from Sooper Records will perform at the show!

SEN MORIMOTO JAPANTOUR 2019 FINAL「AFTERHOURS」


Details:

Date: Mon Oct 28th 2019

Venue: Shindaita fever
Act: Sen Morimoto + CIRRRCLE + Kaina from Chicago
DJ: OMK (YOUNG-G, MMM, Soi48)
Doors Open: 19:00
Start: 19:00
Ticket: ¥4,000 (pre-tickets only. drink is not included in this ticket price)
Info: Shindaita FEVER +81 3 6304 7899


Sen Morimoto

Bio:
Sen Morimoto is a multi-instrumentalist composer and songwriter born in Kyoto, Japan and currently based in Chicago. He moved to Massachusetts at a young age where he began a life-long study of jazz saxophone. Horn in hand, Morimoto cut his teeth as a songwriter in the DIY hip-hop community of Western Massachusetts. He eventually moved to Chicago where he refined his sound while maintaining a consistent presence in the music culture by producing for and collaborating with artists including Joseph Chilliams (Pivot Gang), KAINA, Qari, and Nnamdi Ogbonnaya. Morimoto’s powerful grasp of jazz composition, pop songwriting, and hip-hop styling are fully articulated as the extraordinary sound of an unrivaled talent on Cannonball!, an LP that he wrote, arranged, and produced by himself.

This Japan tour will be his minimal band set, so you will enjoy his musical skills as much as possible!

Twitter
Instagram

https://youtu.be/Jmuu0lbleOE
https://youtu.be/Fi610jP-MpY

CIRRRCLE

Bio:
東京・LAを拠点に活動する国際派ヒップホップクルー。 自ら「ハッピーヒップホップ」と題する彼らのサウンドは、人種や生い立ちの異なるメンバーそれぞれの人生から得た等身大の思いや悩みを込めたリリック、ヒップホップの枠にとらわれない、様々なジャンルの要素を取り入れたトラックで独自の立ち位置を築きつつある。今年に入って、Flannel Albert, Late Lee, The Flavr Blueなどの海外アーティストとのコラボ作を含めほぼ毎月新曲リリースを行うほか、ライブ活動も精力的に行っており、今年4月に東京で行われたRed Bull x 88rising主催の「Japan Rising」や、アメリカ・ロサンゼルスの「Bootleg Theatre」でのライブ出演が記憶に新しい。

Twitter
Instagram

https://youtu.be/oL26FMLa7bE

OMK (DJ)

Bio:
stillichimiyaのYOUNG-G、MMM、DJユニットSoi48を中心にアジアの地下ヒップホップ・シーンからクラブ、ローカルなディスコまで潜入調査し、インターネットの世界ではわからない音楽、危険な現場、ゴシップ、レコード、カルチャーをディグするプロジェクト。SNS上のうわべだけのコマーシャルと異なる”リアルで質の高い”情報は大きな話題を呼び『STUDIO VOICE : Flood of Sounds from Asia-そこで生まれる音楽-』やTBSラジオ「アフター6ジャンクション」で特集されることに。ワンメコン・ミーティング、DJイベントを不定期開催中。

YOUNG-G (stillichimiya)
 山梨県一宮町で生まれたムーブメント”stillichimiya”メンバー。DJ、プロデューサー、サウンドエンジニア‥音に関わる様々な活動を展開。ソロ活動としてDJやビートを提供する傍ら、田我流とカイザーソゼ、おみゆきCHANNEL、IS PAAR BAND等のプロジェクトにも参加。2011年フィリピン、マニラのトンド地区でのHIPHOPワークショップを経てから「アジアで独自の進化を遂げるHIP HOP」をテーマにしたMIX CD「Pan Asia」シリーズ(Vol1, 2)を製作。日本で流通、紹介されないアジア圏のHIPHOPアーティストの招聘や普及活動を展開。2017年公開の空族の映画『バンコクナイツ』に楽曲提供、録音スタッフとして参加。同映画は海外の映画祭で数々の賞を受賞、国内では毎日新聞映画コンクールの監督賞、音楽賞という名誉ある賞に輝いた。タイを中心にラオス、カンボジア、ミャンマー等、メコンの音楽に魅せられおよそ一年にわたり現地で音楽を収集、研究。独自の視点と経験から放たれる音は、リスナーを日常と洗脳から解き、桃源響へと導く。

MMM(stillichimiya、スタジオ石)
 1982年生まれ。日本大学芸術学部卒業。漫画家を経て、2010年より「スタジオ石」として、MV 制作、イラスト、デザイン、立体制作など多角的に創作活動を始める。ラップグループ「stillichimiya」のメンバーとして音楽活動もおこなう。脚本、演出、撮影、編集まですべてをこなすMV作品は、おもにweb上で公開、注目を集め、ジャンルを超えたアーティストから制作オファーが殺到している。『映画 潜行一千里』は向山が「スタジオ石」として『バンコクナイツ』の撮影を進める傍ら、自らカメラを回し空族の撮影風景の裏側を記録に収めた監督作品である。

Soi48(EM RECORDS、OMK)
 旅行先で出会ったレコード、カセット、CD、VCD、USBなどフォーマットを問わないスタイルで音楽発掘し、再発する2人組DJユニット。空族の映画『バンコクナイツ』にスタッフとして参加し毎日映画コンクールにて音楽賞を受賞。EM Recordsタイ作品の監修、『爆音映画祭タイ|イサーン特集』主催、フジロックや海外でのDJツアー、トークショーやラジオなどでタイ音楽や旅の魅力を伝えている。その活動の様子はNHKのTV番組にも取り上げられ大きな話題となった。『Soi48』というパーティーを新宿歌舞伎町にて不定期開催中。Brian Shimkovitz(AWESOME TAPES FROM AFRICA)、Zack Bar(FORTUNA RECORDS)からモーラム歌手アンカナーン・クンチャイ、弓神楽ただ一人の後継者、田中律子宮司など個性的なゲストを招いてのパーティーは大きな反響を呼び英「The Wire」にも紹介された。タイ音楽と旅についての書籍「TRIP TO ISAN :旅するタイ・イサーン音楽ディスクガイド」好評発売中。

https://www.mixcloud.com/NTSRadio/soi48-30th-july-2018/

Kaina

Bio:
KAINA creates generational music that surpasses borders, a unified expression of her native Chicago, coupled with her Venezuelan and Guatemalan heritage. This cultural fusion is best illustrated on the lead single “Green” from her debut full-length album Next To The Sun (Sooper Records).

From her debut EP, 2016’s sweet asl. to 2018’s 4U, and her album Next To The Sun, KAINA has continued to push this narrative through her brand of sweet-hearted optimism, which she uses as a means to connect with and lift her listener’s spirit. From collaborating with peers like Saba, The O’My’s, and Sen Morimoto, and through multidisciplinary work around the city with various organizations, she has found a sound for herself that is gentle, yet full of intent.

KAINA folds all of her fears and hopes about identity into Next To The Sun. Spanning nine songs, the album is indebted to Latin music while remaining bound to the soulfulness of Chicago. “Green” is a nod to salsa, while the bassline on the title track is an acknowledgment of Latin music’s sultry aesthetics; the Morimoto-supported “Could Be A Curse” -- the album’s only feature -- is akin to bolero. But on songs like “Ghost,” “What’s A Girl,” and “Waiting On A Day,” KAINA switches hats with ease, the album’s Latin-inspired sonics blending seamlessly with Chicago soul, R&B, and blues.
“Put me in the clouds, right under heaven, next to the sun / Wanna feel it all, the burn and the lesson, the fall,” she sings on the title track. Above all, Next To The Sun is cathartic, a space for KAINA to expose herself to the often painful process of self- exploration. With her, together, we experience life’s warmth and beauty, while also enduring its growing pains.

Instagram

https://youtu.be/0vh2jI5yCJw

https://youtu.be/_WYbP-iBz_o

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#487886 2019-10-25 16:45:58
More updates
Mon Oct 28, 2019
7:00 PM - 11:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Shindaita fever
Tickets
Advance SOLD OUT ¥4,000
Venue Address
東京都世田谷区羽根木1丁目1−14 Japan
Organizer
DUM-DUM +
706 Followers

[PR] Recommended information